レーシック 手術 視力 回復 錦糸眼科名古屋院 名古屋市中区栄

屈折矯正手術 14年 の実績と信頼 イントラレーシックの錦糸眼科
錦糸眼科のイントラレーシックはフラップを100ミクロンで作ります。160ミクロンの
レーシックよりも角膜ベッドを厚く確保できまので、強度近視で角膜が薄い場合も手術ができます。
イントラレーシックのフラップは滑らかで、エッジが直角なのでシワやズレが起こらず、
フラップやヒンジの位置も正確です。ハロやグレアも起こりにくいため、
レーシックよりもはるかにクリアな視力が得られます。
2006年、米国では全ての屈折矯正手術において20%がイントラレーシックに変わりました。


錦糸眼科名古屋院
名古屋市中区栄3-7-13コスモ栄ビル5F
http://www.kinshi.or.jp/
TEL 0120−468−049
posted by レーシック 手術 視力 回復 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック 手術 視力 回復 名古屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37445949

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。